閑居人のブログ

終の棲家を見つけた!

妄想? いやいや、現実的な計画?

f:id:makitakitei:20210222064021j:plain

 

まだ2月だと言うのに、狂気じみた暖かさが続いてる。

 

冬もお終いかね?

春はもう直ぐ?

 

 

 

増改築の簡単な図面を描いてみた。

これで決定ではなくて、まぁ大体こんな感じかなと・・・

 

もしこれを造れたら、ここがオイラの遊び場で寝室になる。

あとは予算が付けられるかどうかだ(笑)

 

 

f:id:makitakitei:20210222064059g:plain

 

面積的には6.375坪なんだが、既存のコンクリート土間が4.5坪あるんで、

新設の基礎は1.875坪ほどになる。

 

屋根も同様で、ほとんどが既設の屋根の下に収まる。


トイレや風呂やキッチンなどの水回りもないし、

土台は金属束で行けそうだし、サッシ関係は施主支給で安く済ませる。

 

なので、そんなに工事費はかからないと思うんだけど、

 

そうは問屋が卸さない?

 

甘いかねぇ~(笑)

 

白抜きの四角が既存の柱で、色付きが増設になるんだが、

どうしても1本だけは畳の中に残ってしまう。

 

柱は全て4寸角で、真壁にして漆喰を塗る。

 

冬場は薪ストーブを焚きながら炬燵に入り、

それ以外の季節は長火鉢があるんで、それを置いて過ごすのだ。

 

1坪だけ土間を残して炉台にする。

ここからも出入り出来るように、断熱土間引戸を採用しようかね。

 

 

 

f:id:makitakitei:20210222064133g:plain

 

薪ストーブは何にする?

 

押入れの分を差し引けば、たかだか12畳足らずの空間なので、

小さめの薪ストーブで十分だ。

 

鋳物ならイントレピットのデザインがいいな。

琺瑯はレッドではなくて、マジョリカブラウンにしよう。

でなけりゃ、アルテックのソープストーンでもいいかも知れない。


どうせ隣の部屋で何かしらメインに焚いているんで、

瞬発力より蓄熱性、短距離ランナーではなくて長距離ランナーがいいかもね。


ちょっと現実的な、妄想は膨らむばかりだ。


完成したら、ここで宴でもやろうかね?(笑)

 

 

f:id:makitakitei:20210222064149j:plain

 

 

薪ストーブの煙突の位置を描いてみた。

 

写真をたくさん撮っておくと役に立つね。

 

トップの写真の通りで、屋根に煙突を貫通するのに、

構造材に阻まれることはないようだ。

 

真っすぐ立ち上げることが出来る。

 


垂木の間を抜いて野地板を切れば、煙突は容易に立てられる。

 

内寸40cmの角チムニーを作って、外寸は65cm角かな。

それに70cmの蓋、チムニーフラッシングを被せればいいだけだ。

 

煙突長は4,000から4,500mmと言ったところで、

ちょっと短いが自宅なので気にしない、まぁ大丈夫だろう。

 

 

完成はいつだ?

 

まだ見積もりすら取ってないのに、何言ってんだか(笑)

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

3年越しの大和塀が完成して外構工事は全て終わった

f:id:makitakitei:20201024052901j:plain

 

 

晴れた日は、仕事が終わった夕方からペンキ屋をやっていた。


日が暮れるのが早くて、やりたくても5時までしかできなかったが、

こつこつと2時間くらいずつ、日によっては1時間しかできなかったり、

それでもようやくだ、大和塀をすべて塗り終えた。

 

引っ越して来てもう直ぐ3年なんだが、外構工事がようやく終わった。

もう何もやることが無くなって少し寂しいが・・・

 

 

f:id:makitakitei:20201024052929j:plain

 


道路から丸見えなので何とかしたいと思っても、

みなし道路のセットバック工事が終わらないと何もできなかったのよね。


なるべく早く工事が確定するように、

分筆のための測量、登記費用を自己負担したんだが、それでも着工まで2年半を要した。

 

さすがに、これには参ってしまった。

 


何も知らされずに待つしかない身、それは本当に長く感じるものだ。

 

待っても待っても、いつ報われるのかワカンナイなんて、

ティーン時代の片思いじゃないんだからさ(笑)

 

 

f:id:makitakitei:20201024052836j:plain

 

裏側から見るとこんな感じ。

 

大和塀は互い違いに板を張るので、ほど良い隙間があっていい。

ある程度、風も抜けるからね。


見えそうで見えなくて、見えなさそうで見える(笑)

 

 

 

f:id:makitakitei:20201024052947j:plain

 

薪棚(小屋)の色と同じはずなんだが、経年劣化で色の濃さが違う。

 

同時に塗れてたなら、

こんなに違和感が無かったんだけどねぇ~

 


道路工事もいい加減、て言うか、既存の入り口(進入路)があるのが分かっていながら、

新設する側溝の高さを10cmも下げるかね?

 

どう考えても納得いかないんだが、出来ちまったものはしょうがない。

おかげで敷地への進入勾配が前よりもキツクなってしまった。


もうこれで、フェラーリを買うのは諦めるしかないね。

ポルシェならなんとか入れるかな。

 

とかなんとか(笑)

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

大和塀とコンクリートたたき:外構工事

大和塀

 

 

大和塀の展開図を描いてみた。

 たぶん、これで決まりなんだが、あとは見積り次第だな。


60平米のコンクリートたたきと、18mの擁壁と大和塀でいくらかかるだろ?

基礎高が15~50cmなのでブロックでも十分だし、その方が安いかもね。

 

 

先日、市役所が図面をもってやって来た。

みなし道路のセットバックで土地を提供してから待つこと3年、ようやく着工だ。

 

催促してこれだから、放っておいたら何年待たされたことか・・・

この工事が終わらないことには、吾が家の外構工事を始められないからね。

 


15cm~40cm、平均巾で30cmくらいが道路になるんだが、

これまでの開渠側溝から蓋つきのU型側溝になるので、見栄えも衛生的にもありがたい。

 

8月の末には工事が完了する予定なので、9月からは外構工事が出来るんだが、

問題は、その予算の捻出ということになる(笑)

 

 

当初の計画では、塀を兼ねた薪棚にしようと考えていたんだが、

既に30立方m入る薪棚があるので、これ以上は必要ないだろうと板塀だけに変更した。


縦張りと横張り、どんな板塀にしようかとあれこれ思案したんだが、

目隠しになるだけでなく、ある程度は風通しが良いと言うことで大和塀に決めた。

 

住居の建物はどちらかと言えば洋風なので、

初めは大和塀はいかがなものかと思ったりもしたんだが、想像してみると悪くない。

なので、和洋折衷と言うことで(笑)

 


母屋の出入り口には杉板を縦張りしているし、薪棚も同じ縦張りなので、

そんなに違和感はないと思うのだ。

 

デザインは自分でやっていて、今のところトップの画像になる予定だが、

予算の都合で簡素なものになるかも知れない。


笠木も含めて3寸角の木枠を組んで、その間に大和張りで板を打ち付ける。

雨仕舞を考えて、笠木にはガルバを板金で被せることにした。

 

土台はコンクリート擁壁にアンカーボルトを仕込んで固定する。

 

 

 

f:id:makitakitei:20200806074459g:plain

 

 

 


アオハダとジューンベリー、それからコハウチワカエデ、

好きな樹木をどこに植えるかと、板塀とコンクリートたたきのレイアウトを考えてみた。


なんだか、予算オーバーしそうだなぁ~ (苦笑)

 

  

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

梅雨時の薪ストーブと結露対策

 

薪ストーブ・アンコール

 

 

今年は三台ある薪ストーブの総入れ替え中で、まだ二台残っているんだが、

3本ある煙突に繋がっている薪ストーブは一台もない。

 

そんな状況は寂しいもので、寒く無くてもジメッとした梅雨時の憂さ晴らしを兼ねて、

湿気飛ばしで焚きたくなっても焚けないからだ。

 

 

新築時の壁塗りが失敗作で、どうしても見てくれが許せない黒モルタルなんだが、

それを黒漆喰に塗り直してもらう左官職人のスケジュール都合もあり、

最低でもこの先1ヶ月は現状のまま過ごさなきゃならない。

 

こんなに長い間、て言うか、梅雨の間に薪ストーブが焚けない状況なんて、

かつて経験したことがない薪ストーブ馬鹿なのだ(笑)

 

 

それにしても、長雨でイヤになっちゃうね。

 

西日本は悲惨な状態だし、いつになったら天気予報から傘マークが消えてくれるのだろう。

 

20日までずっと並んだままなので先は長そうなんだが、

もうこれ以上、被災地のためにも無情の雨は勘弁して欲しいもんだ。

 


陽が照らないと涼しいのはいいんだが、ジメジメした空気はいただけない。

 

個人的には乾燥気味な方が好きなので、

快適な湿度はせいぜい50%までで、60%を超えてくると不快だ。


それに、50%を境にして、日本酒冷蔵庫のガラスが結露するのも困ってしまう。

 

ドアのガラスは一応ペアガラスなんだが、梅雨の時期には通用しないのよね。

一升瓶が縦置きで9本、余裕で収まるのでお気に入りなんだが・・・

 

 

毎年この時期になると、ガラスに付いた水滴との闘いになる。


床が無垢の杉材なので気を使うのだ。

頻繁に拭いてやらないと、床が水浸しになってしまうからね。


なので、何か良い方法は無いものかと考えて、思いついたことをやってみた。

 

 

緩衝材のプチプチシートを2枚重ねて空気層を作り、

それを、ガラスの大きさに型取りした段ボールに貼りつけて窓枠に挟み込んでみた。

 

そしたら効果ありで、ビショビショになるような結露を防ぐことに成功だ。

 

ものは試し、やってみるもんだね。


おかげで結露が半減したのは良いのだが、せっかくのガラスケースだったのに、

中身が見えなくなってしまって、それは残念だが致し方ない。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

 

 

f:id:makitakitei:20200710092459p:plain

 

憎たらしいクモと新緑のヤマモミジ

f:id:makitakitei:20200515211759j:plain

 

 

今朝の外気温は11℃で室温が22℃台だったので、

焚付するか迷ったんだが見送った。


天気予報は晴れなので、どうせすぐに暖かくなる。


5月も半分が過ぎて、薪ストーブに火が入らない日が多くなった。

 

一昨日は風が強くて外に出ると寒かったが、室温は23℃あったので焚かないつもりでいたら、

細君が寒いと言い出して、晩方から焚付けたのが最後だ。


週間天気予報が正確だとすれば、来週になると気温が下がるようなので、

まだ薪ストーブの出番はありそうだ。

 

とは言っても、毎日焚かなくなった時点で薪ストーブのシーズンは終了だ。

 

次のシーズンまで5ヶ月あるが、梅雨入りすれば肌寒い日もありまた焚付ける。

少しくらい部屋が暑くなり過ぎても、湿気を飛ばしてカラッとしてた方が気持ちがいいものだ。


どうせ薪はいくらでもあるんだから、

薪ストーブシーズンに関係なく、好きな時に焚けば良いのだ。

 

 

 

憎たらしい蜘蛛の季節になった。

 

蜘蛛は害虫を食べてくれるので益虫だと言うが、

だからと言って、好き放題にさせて見逃していたらたまったもんじゃねぇずら(笑)

 

まぁ確かに、毒蜘蛛でもなけりゃ本当はそっとしておいてやりたいんだが、

人の通り道に巣を張られて知らずに歩くと、もうね、あのべとつきだけは我慢がならねぇ~

 

それに、玄関先に巣を張られるのも、なんだかねぇ~


蜘蛛に罪は無いんだが、見つけたら殺処分あるのみ。

なので、まぁオイラは虫殺しの罪で天国へは行けないかも知れんね(笑)

 

ところで、益虫とは言うが蜘蛛は昆虫ではない。

蜘蛛の足は8本あるし、仮面ライダーの着ぐるみにですら付いてる触覚もない。

 

尤も、虫と言う単語の意味は曖昧なので、

蜘蛛を昆虫ではなくて、単に虫と呼ぶのはあながち間違いではないらしい。

 

 

今シーズン2度目の草刈をした。

 

薪作りとは違った筋肉の使い方をするようで、腕がバキバキだったりする。

あと1~2回やれば、カラダも慣れてくれるんだがね。


閑居での暮らしは自然がいっぱいで、穏やかな時が流れてとても気に入っているんだが、

草刈りは最低でも年に5~6回はやらないとならないのが厄介だ。

 

草が茫々でも気にしなきゃいいんだろうが、そうは言ってもねぇ~

几帳面な性格だもので、放っておけないのよね(笑)


草刈り場は250坪もあるので、エンジン草刈り機で2タンク分の作業になる。

 

シーズン始めは体が悲鳴を上げるので2回に分けて刈ってるが、

慣れてくると1度に2タンク、全て刈ってしまうようになるんだが、いずれにしても重労働だ。

 

ちゃんと管理しようとすると、土地が広すぎるのも考えものだ。

 

今はまだ体が利くが、10年後はどうだろ?

まぁ今から考えたってしょうがない、その時はその時だ(笑)

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!