閑居人のブログ

終の棲家を見つけた!

藁床は県内産で畳表は熊本産ひのみどり

 

畳の材料はすべて国産に拘った。

 

藁床は県内産なんだが、畳表は熊本産だったりする。

知らなかったが、調べてみたらイグサの産地は殆ど九州なんだね。

八代原産の「ひのみどり」という品種だそうな。

 

 

 

この部屋は6畳の中に柱が立っているので、

どうしても2枚だけは変形畳、コの字に加工しなけりゃならなかった。

 

なので、裏返して使うことが出来ない。

そう言うこともあって、最高級品にしなかったのだ。

 

と言うことに、しておいてちょうだいな(笑)

 

 

 

畳店の国産畳表は価格設定が4段階あって、

上から3番目、つまり下から2番目の比較的安価な物を選んだんで、

藺草の長さが短いやつなのだろう。

 

最高級品になると140cm以上の藺草を使うようだが、

今回の畳表の藺草はそれよりも短い。

 

なので、両端のへり近くの緑色が少し薄い。

畳の世界もピンキリで、色々あるようだ。

 

 


浮造りの杉板は足の裏が心地よいのよね。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

念願だった本漆喰、大満足の塗り壁だ!

f:id:makitakitei:20220325084634j:plain

 

漆喰はクロスと違って質感が素晴らしい。

塗ったのは、ボンドの類が混ざっていない本物の漆喰、自然素材だけの本漆喰だ。

 

左官職人の鏝塗りなのであたり前だが、作られた均一感がまったく無い。

光の当たり具合、見る角度によって趣が違うのがいいね。

 

 

f:id:makitakitei:20220325084644j:plain

 

せっかくの本漆喰なんだが、残念ながら調湿効果は期待できない。

 

昔のように、土壁に塗れば抜群の調湿効果も、

下地が石膏ボードで、塗り厚みが2mm程度じゃ話にならんのよね。

 

そうは言っても、本漆喰の質感だけは手に入れた。

母屋の時には予算の都合で叶わず仕舞い、念願だったからね(笑)

 

下処理と下塗り、それから本塗りをして4日の8人工、

それなりに費用はかかったが、すんばらしい仕上がりに大満足だ。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

土間タイルの完成と桧の上がり框

f:id:makitakitei:20220129094301j:plain

 

作ってもらった桧の上がり框がすべすべでね。

お色も赤身が混じっていて、とっても気に入っているのよね。

 

冬の間はここに腰かけて、薪ストーブの焔をながめながら、

毎朝6時には珈琲を飲んでいるだろう。

 

土間のタイルもキレイに張ってもらったし、

そんな自分の姿を想像して、今からワクワクしている(笑)



隠居部屋の完成は、もう直ぐそこまで来ている。 

今頃は、畳職人が藁床で6畳分を作ってる最中だろう。

 

たぶん今週中に仕上がるのかな?

この部屋で寝起きする毎日が、もう少し待てば現実になる。

 

3月に契約して、基礎工事に入ったのが4月の頭だったから、

完成まで5ヶ月を要したことになる。

 

予算オーバーの100万円を浮かすのに、

外壁工事は全て自分でやって、木材以外は全て自己仕入だった。

 

終わってみれば、なんとかなるもんだ。

 

f:id:makitakitei:20220129094404j:plain

 

でも、完成してしまうと、なんだか寂しいもので、

また何かやりたくなるんだが、先立つものが無いんでもう無理だな。

 

あとは薪ストーブを設置したら、のんびり暮らそう(笑)

 

壁塗りが終わらなかったんで、発注したエアコンはまだ取付してない。

配管の孔を開けただけでストップしたままだ。

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

閑居の屋根に4本目の煙突(角トップと丸トップ)

f:id:makitakitei:20220110085636j:plain

 

閑居の屋根には、4本目の煙突がニョキっと生えてきた(笑)

 

自宅とは言え、薪ストーブのショールームを兼ねているんだから、

煙突が4本あってもおかしくない。

 

 

f:id:makitakitei:20220110085614j:plain

 

オイラがこの世を去ったあとは、

少なくとも2本の煙突は、どう考えても無用の長物だろうね。

 

薪ストーブにあまり興味のない細君だけになったら、

1本すら使われなくなるかも知れない。

 

今からそんな時のことを考えたって、しょうがないが(笑)


屋根の上は、角トップ三つと丸トップひとつの組合せになったんだが、

思ったよりも、て言うか、そんなに違和感はない。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!

1枚足りなかった土間のタイル張り

f:id:makitakitei:20211227094206j:plain

 

閑居の増改築も、いよいよ大詰めだ。

 

左官工事は、養生と石膏ボードの目地埋めで1日、次は下塗りで1日、

最後の本塗りには2人で2日を要した。

 

丁寧な塗り仕上げをしてもらって、大満足の本漆喰だ。

 

 

そして左官最後の工事、1坪の土間にタイルを張ってもらった。

 

土間は、もともと屋外の下屋通路だったので、

排水勾配がついていて、平にするには最大で3cmの補正が必要だった。

 

ゼロポイントでも、モルタルとタイルで2cm厚になるので、

一番低かった所では5cmほど嵩上げになった。

 

おかげで、少し高いと感じていた上がり框だったが、

40cmになって丁度良くなった。

 

 

タイルのサイズは3通りで、600角の大が3枚に、

長方形の中が4枚と小が6枚を注文した筈だったんだが・・・ 

 

それが中サイズが3枚しかなくて足りないのだ。

注文履歴を確認したら、確かに1ケース4枚入りと書いてある。

 

 

購入先は輸入資材のサンワカンパニーなんだが、

母屋の新築でも、キッチンとトイレと土間のタイルを調達したショップだった。

 

まさか、表示と実際に届いたものが違うなんて思いもよらぬこと、

2ヶ月前に届いていたが開封しないでいたのだ。

 

今さらクレームしても無理だろうし、タイルは張り始めてるし、

もうね、あきらめるしかなかったのよね。

 

 

泣き寝入りってヤツなんだが(苦笑)

改めて教訓だね、届いたら直ぐに開封確認するべし!

 

結局、薪ストーブで隠れる部分の張りデザインを少し変更して、

切って余った端材を利用して事なきを得た。

 

まぁ結果オーライってことで、気にしない気にしない(笑)

 

 

f:id:makitakitei:20211227094220j:plain



タイルのジョイントに段差が出来ないように、

スペーサーとレベリングのクリップを挟んで平に張って行く。

 

クリップは目地を埋める際に、折れ釘の要領で弾き飛ばすんだが、

良く出来てるものだと、見ていて感心したり・・・

 

 

あとは最後に畳を敷いたら、いよいよ隠居部屋の完成だ。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
毎日ポチってくれてありがとう!



欲張りでゴメン!